おしゃれになりたいなら断捨離しよう!なかなか進まないときの解決策 大阪の買取業者なら【キララ・ジュエラーズ 梅田店・心斎橋店】公式

COLUMNコラム

おしゃれになりたいなら断捨離しよう!なかなか進まないときの解決策
2021.09.21

「いつの間にか部屋が散らかってしまう」、「気がついたらどんどん物が増えていってしまう」……こんな経験がありませんか?

そんなとき、断捨離が部屋はもちろん、あなた自身の印象まで変えてくれるきっかけになるかもしれません。

断捨離のメリットと魅力、そして効果的なやり方をご紹介していきましょう。

断捨離をすると「おしゃれになる」って本当?

断捨離とは、今ある持ち物を整理し手放す整とん方法のこと。

部屋を片付けるために行う断捨離ですが、実は精神面にもよい効果をもたらすと期待されています。

例えば、手持ちの服の中に「もったいなくて捨てられない服」や「いつか着るかもしれないとなかなか手放せずにいる服」はありませんか?

断捨離において、持ち物を手放すかどうか決める基準のひとつに「ときめき」があります。

まだ着られる服であっても、心がときめかないのなら手放した方がいい……という考え方です。

心がときめかないのに、なんとなく惰性でとっておいてある服は処分してしまうことで、クローゼットの中がときめくお気に入りの服ばかりになります。

ときめく服だけを身近に置いておくと、クローゼットを開けたときに気持ちが明るくなり、服を身につけること、おしゃれをすることへのモチベーションも高くなります。

反対に、それほど大事でない服をいくつもをとっておくと「今日もこれでいいか」と消極的に判断することが癖づきやすく、おしゃれに対する気持ちが下がりやすいものです。

「数年前は似合っていたけれど、今の自分には合わない服」という持ち物も、少なくないはずです。

そうした服をきちんと処分すれば、周りからも「いつも手抜きをしない、おしゃれな人だな」と思われるようになるかもしれません。

部屋の中もすっきり!心地いい空間が心の余裕につながる

当然ながら、断捨離は部屋の片付けにもつながります。

部屋がすっきりすると、服を整とんしやすくなりきれいな状態を保ちやすくなるでしょう。

ごちゃごちゃのままでは、一つひとつの服に対する思い入れもつい雑になってしまいがち。

シワになった服や、型崩れしたバッグを使い続けてしまうこともあるかもしれません。

物を減らして、その分一つひとつのアイテムを丁寧に管理すれば、お気に入りの服を長く着ることができます。

部屋が物であふれていると心も落ち着かなくなりますが、きれいな部屋では余裕を持って過ごせるでしょう。

急な来客にも対応しやすくなり、友人や恋人を気軽に部屋へ招き楽しい時間を過ごす機会も増えるかもしれません。

断捨離のやり方

断捨離をするときには、「今日はクローゼット」「今日は靴箱」「今日はアクセサリー」というように、エリアを決めて現在の持ち物を確認します。

そうして「とっておくもの」「手放すもの」と分けていきましょう。

このとき「今日一日ですべて終わらせてしまおう!」と考えるのはNGです。

ついつい、早く片付けてしまいたいと思ってしまうかもしれませんが、断捨離は焦って行うとイライラとした嫌な気持ちの引き金になりかねません。

素早く判断することに重きを置きすぎると、よく考えたら不要なものも「とっておこう」と考えるなど正しい判断がしにくくなります。

正しい判断をするためには、焦らずによく考えて決断することが大事です。

そのためには、「◯日まで」「次の服を買うまで」と期間を決めて保留にしておくのもよいでしょう。

日を改めてもう一度断捨離をしてみると、一度は「必要かも」と考えた服を「やっぱり、着る機会がないな」と思い直すなど、見方が変わってくるかもしれません。

手放すことを恐れずに精査していくと、断捨離のより高い効果を実感できますよ。

断捨離が進まないときには?

とは言え、思い入れのある服を扱う上ではなかなか断捨離が進まないこともあるのではないでしょうか。

断捨離が進まないときには、今一度「ときめき」を感じるアイテムか考えてみましょう。

「壊れたり、汚れたりしているわけではないし……」、「まだ着れる服だし……」、「流行りに左右されないデザインだし……」

こんな風に考えていると、たいていの服を手元に残さなければいけないように感じてしまうはずです。

しかし「手元にあるから惰性で着ている服」というような、ときめきの感じられない服は思い切って処分することが断捨離のコツです。

「素敵」「見ているだけで楽しい」「デザインが大好き」と感じられる服だけを手元に残して、そうでない服は思い切って手放しましょう。

まだ着られる服を手放すことに抵抗があるのなら、捨てるのではなく売却するという方法を選びましょう。

「使わないし必要ないけれど、ゴミとして出すのはしのびない」という服も、売ることで次に必要としている人のもとへ確実に渡すことができます。

ゴミを出さずに済み、次に着たい人は安く手に入れることができ、さらにあなたもお小遣い稼ぎができるというように、たくさんのメリットがあります。

断捨離をスムーズにするためにも、買取業者の活用をぜひ検討してみましょう。

まとめ

長年来ている服ほど、手放すのには勇気がいるものですよね。

だからといって、いつまでもときめかない服を惰性で身につけ、手元に置いておくのはおすすめできません。

定期的に断捨離を行い、不要な服は買取業者へ売ることで部屋も心も身なりもますますきれいになるはずですよ!

PAGE TOP