キララジュエラーズ[金・宝石・ブランド買取ならキララへGO!]

COLUMNコラム

ブランド品は古くてボロボロでも売れる?買取査定の噂と真実!
2021.10.05

手持ちのブランドアイテムを手放すとき、せっかくなら捨てるのではなく買取依頼に出してみてはいかがでしょうか?

一方で、アイテムの状態によっては「古くて使用感があるから、買取に出しても値段がつかないのではないか」と考えて、結局やめてしまうこともあるでしょう。

そこでボロボロになってしまったブランドアイテムをお手持ちの方に知っておいてもらいたい情報を、まとめてみました。

ボロボロのアイテムでも買取をお願いできる?

バッグや財布といったアイテムは、一度使わなくなってしまうと押し入れの中に仕舞い込んだままになってしまいますよね。

ただタンスの肥やしになっているだけなら、買取依頼をしたほうがお得です。

お小遣い稼ぎになるのはもちろん、部屋の中もすっきりと片付き、ごちゃついた状態を避けることができます。

使う機会の減ったアイテムや、現在の好みに合わないものであっても、買取を介すことで「こんなアイテムがほしかった!」と考える人へ、確実に届けられる可能性が高くなるでしょう。

使わないからといってゴミとして処分するよりも環境にも優しく、さまざまなメリットがあるのです。

ところが売却する側としては「本当に売れるの?」「未使用品のようにきれいなものでなければ、値段がつかないのでは?」と不安に思うこともあるのではないでしょうか。

実際には「きれいなものでなければ売れない」ということはなく、ハイブランド品の場合にはかなり使用感のある状態でも値がつく可能性があります。

「ボロボロだし、きっと売れないだろう」と早合点せず、まずは買取査定に出してみることをおすすめします。

ボロボロのブランド品が売れる理由

人気の高いブランド品は、それだけ多くの買い手がいます。

「新作が欲しい」「未使用品がいい」という人もいますが、中には「状態にはこだわらず、安価に手に入れられるならそのほうがよい」と考える人もいます。

需要が高い分、状態にかかわらず積極的に買取をしても業者は問題なく売却できるのです。

そして何より、ハイブランドになればなるほどブランド側も自社製品を長く大切に使ってもらうための工夫を施しています。

修理・メンテナンスサービスがその一つで、ルイヴィトンなどのブランドでは、修理に出すと傷ついた部分を一部有料で直してもらえます。

なくしてしまったパーツや金具も、復活した状態で戻ってくる可能性があるのです。

そのため、買取業者は例えボロボロの状態であってもルイヴィトンの買取依頼がきたら「修理をして販売すれば、買い手がつくだろう」と想定して買取を行なっています。

古いアイテムでも人気の理由

古いアイテム、ボロボロのアイテムというと価値がないように思えてしまいますよね。

「本当に買い手がつくの?」と思ってしまうかもしれませんが、ヴィンテージアイテムにはヴィンテージアイテムなりの魅力があるんです。

ルイヴィトンのバッグのように、世代を超えて人気を集めているアイテムなら「古いアイテムのほうがかえって人気が高い」というケースもあります。

今手に入らないアイテムは、プレミアがついているケースも少なくありません。

かえって貴重なものであることから、古ければ古いほど高額買取につながる可能性もあるのです。

また、古いアイテムはほかの人と被りにくいのも魅力的なポイントです。

誰もが欲しがる新作アイテムは、どうしても「皆が持っている定番アイテム」になりやすいものです。

人と同じファッションでは面白くないと考える人にとって、ヴィンテージはぜひ購入したい品となるでしょう。

どの程度使用感のあるものが売れるの?

いくらボロボロでも値がつくと言っても、もちろん「すべてのアイテムが確実に売れる」というわけではありません。

状態によっては、さすがに買取が厳しいものもあるでしょう。

基本的には極端に使用感があり、消せない傷や汚れ、シミ類が目立つアイテムの場合には、いくらルイヴィトンなどのハイブランド品であっても買取が難しいと考えてください。

しかし、修理で直る程度の使用感であれば問題ありません。

金具が取れている、バッグのチャックが閉まらない、パーツが一部分壊れてしまった……という程度であれば「壊れているから値段がつかないかも」と考えてしまう必要はありません。

業者によっては、十分高い金額がつけられる可能性があります。

もちろんアイテムの人気や価値にも左右されますから、まずは査定に出してみることからはじめましょう。

まとめ

買取市場について「未使用のもの、もしくはきれいな状態のものしか売れない」とイメージしている人は非常に多いものです。

しかし実際には「使用感があるから売れない」のではなく「次の買い手が見つかりにくいものが売れない」ため、需要の高いアイテムなら状態が悪くとも問題ありません。

「ボロボロってどの程度?」「ハイブランド品だけどいくらくらいで買取してもらえる?」と気になるときには、ぜひ一度ご相談ください。

PAGE TOP